忍者ブログ
台湾生活のこと、私の好きなものたち
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は少し遡って、出産後の入院時のお話。

私が出産した病院では、『母子同室』を勧めている病院でした。
なので、私も妊娠中からそれを希望していました。

でも、結局それは幻と終わってしまったのです><

と言うのは、私の体調のせいというものではなく(出産の様子はこちらから)、実は娘の体調が悪かったからなのです・・・

実は私が初めて娘にお乳をあげに行った時、娘の呼吸がなんだかおかしい・・・
とにかく毎回の授乳時に息苦しそうに呼吸をし、赤ちゃんを見ることができる時間帯に見に行ったときには、機械で酸素を送られていたり、急に顔が紫色になり明らかに酸素不足である状況に陥ったり・・・とにかく心配で仕方ありませんでした。

それが長く続き、とても心配していたので小児科の先生に診てもらいました。
結局、いろいろと検査してもらった結果、発育上の問題ではなく、風邪を引いているということがわかったのです。

そのため、母子同室を希望していた私ですが、娘の体調を考慮して叶いませんでした。

私もとても残念だったのですが、何より残念がったのが私のだんな様でした。
分娩室で娘を抱っこしてから、娘のことがかわいくて仕方なかっただんな様。
母子同室ならたくさん抱っこもできるし、何より娘のそばにずっといられるから。

でも、娘の体調のせいでそれが叶わず、だんな様はとても寂しかったようです。
新生児室の窓から限られた時間だけ見ることしかできなかっただんな様。
私は授乳時間に娘を抱っこして触れることができましたが、だんな様は触れることすらできない。
その様子はとてもつらそうでした・・・

しかも、3日で退院できるはずだったのに、私の体調のせいで延期に。
その間娘は新生児室で預かってもらっていました。
この頃には娘の体調も少しよくなり、授乳時間だけは私の病室に連れてきてもらって授乳することができました。
そのため、だんな様は授乳時間が楽しみで仕方ない!
授乳が終わっても娘を新生児室に返しに行こうとなかなかしませんでした。

完全な『母子同室』は叶わなかったけど、授乳中だけでも一緒に過ごすことができてうれしかったです^^
でもやっぱり『母子同室』で24時間、がんばって娘と一緒にいたかったな~と思ったりします。


ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加中!クリックお願いします。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
優しい♪
とっても優しいお話にじんとしてしまいました。
ご主人様もとってもとっても優しい方ですね~。
パパとママの愛情をいっぱい受けて幸せな赤ちゃんです。
最初の母子同室は叶わなかったかもしれないですが
これからもずっと一緒にいられますよ~♪
子供はあっという間に大きくなってしまいます。一日一日の育児を楽しんでくださいね♪
メイフェ URL 2008/02/12(Tue)17:03:53 編集
Re:優しい♪
今もだんな様は娘のことがかわいくて仕方ない様子。
私なんかほっとかれてますから(笑)
男親は娘がかわいいといいますからね~
確かに入院中は母子同室はかなわなかったけど、今は思う存分一緒に入れますからね^^
ありがとうございます!
一日一日の育児を楽しみたいと思います。
【2008/02/13 11:56】
無題
子供のことを本能的にかわいいっ!と思ってくれるだんな様、本当に言い方でよかったですね。
ろんろんさん、幸せ者っ!!
私は母子同室でしたが、おなじベットに寝かせて、寝返りでつぶさないか気が気ではありませんでした。
きっとすごくかわいくなってきた時期でしょうね。
今度機会があったらお顔見せてくださいねー。
こち URL 2008/02/14(Thu)14:35:09 編集
Re:無題
だんな様は娘のメロメロです(笑)
こちさんは入院中も添い寝されてたんですね。
確かにはじめは赤ちゃんをつぶしてしまわないか心配ですよね~
だけどやっぱり隣に赤ちゃんがいて寝息が聞こえたりなんかするとかわいくて仕方ないですね^^

ぜひぜひ娘の元気な姿を見てやってください!!
もう少し子育てが落ち着いたらお会いできますか??
ぜひぜひお友達になってください^^
【2008/02/17 09:58】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
台湾保育器事情。メイ、新生児室の仲間たちと並ぶ。
メイが保育器にいたのは8泊9日、ランの1泊2日よりずっと長かった。体重がランよりさらに270g軽かったし、最も寒い時期だから用心のためもあった。ところで、日本で保育器に入れる場合、費用はやはり別途かかるのだろうか。台湾では別会計で、費用は病院によってかなり異なる。首都である台北は最も高く、田舎は安いのが相場だ。台北でも、台北市内の医師や設備が優れていると言われる病院は特に高いらしい。よく知らないが日本ではそういう基準で額が上下することはないように思うのだが、どうなのだろう。滞...
URL 2009/06/02(Tue)13:21:58
プロフィール
HN:
ろんろん
性別:
女性
自己紹介:
台湾で生活を始めて5年が過ぎました!
2年半前に優しい台湾人のだんな様と結婚し、台北市内で主婦業をがんばってます。
10月16日に女児を出産。育児奮闘中!

好きなこと:
雑貨・インテリア・手作り・読書・旅行
ランランの誕生日
*script by KT*
結婚記念日

*script by KT*
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
勧めポイントサイト
コツコツお小遣い稼ぎ↓ お得なポイント貯まる!ECナビ
ブログ内検索
最新記事
最新CM
[03/11 濃野 邦造(のおの くにぞう)]
[03/11 濃野 邦造(のおの くにぞう)]
[02/07 Cimezoddemi]
[02/05 koichi]
[01/18 AKIKO]
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.