忍者ブログ
台湾生活のこと、私の好きなものたち
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ数日、毎日台北は37度近くの気温を記録しています。
とにかく蒸し暑く、風があってもなんだか温風を浴びているかのようで、とても不快です・・・
この調子だと、今年の夏はどんなに暑くなるのだろう??と今から不安です。
ただでさえ暑いのに、大きなおなかを抱えてだとほんとに大変だろうな~



さて、台湾の妊婦さんは妊娠第14週から第22週の間に『母血唐氏症篩檢』(ダウン症検査)を受けることになっています。
この検査は、その名のとおり、おなかの子がダウン症であるかどうかの検査で、その確率の高さを%で表すものです。

当然、妊娠中にはたくさんの可能性が考えられ、現在の医療が進歩したとはいえ、まだ100%の確率でおなかの子がどんな子であるか?や何も異常がない子であるか?などは判断できません。
なので、医師からは「絶対に問題はありません!」とか、「絶対にダウン症ではありません!」などという断言的な言葉は聴くことができません。

でも、『可能性の高さ』がどれくらいなのか?は数字で知ることができるようになっています。

そして、私も妊娠18週のときの検診でこの検査を受けてきたのでした。

この検査は一般の血液検査ではなく、「核子医療科」というところで血液を採取され、母親の血液からおなかの子のAFPとfree βHCGという血液中の細胞を調べて、ダウン症である確率を出すというものです。

この結果はすぐに出るものではなく、2~3週間の検査期間が必要となります。
検査結果は2部発行され、1部は医師の元へ、もう1部は母親の元へ郵送で送られます。
検査結果の数値が高い場合、すぐに病院へ行き、さらに精密な検査を受けることとなります。
数値が高い場合とは、270分の1以上の確率の数値が出た場合となっています。

台湾でもダウン症の新生児が毎年400人ほど生まれているようです。

35歳以上の高齢出産では、ダウン症の危険性の高さが20歳の妊婦の5.6倍であることが指摘されていますが、実際、ダウン症の80%は34歳以下の妊婦から生まれているというのが現状のようです。

基本的に台湾で妊娠すると保険で診察を受けることができ、母子手帳をもらってからの計10回は無料で診察を受けることができます。

ただし、このダウン症検査は自費となり、1000元(約3600円)かかります。
が、自費であっても調べてもらえるのなら調べてもらっていたほうがいいと私は思います。

私は幸い270分の1の確率よりも低いと判断されたので、精密検査を受けなくてもよかったのですが、とは言え、おなかの赤ちゃんは出てきてみないとわからないことばかり。
妊娠って本当にいろいろと気を遣うし、心配や不安がずっと付きまとうものだな~とつくづく思います。
今はただただおなかの子が元気で健康な子であってほしいと願うばかりです。

今日はちょっと医学的な難しい話になりましたが、日本でもダウン症の検査ってあるのでしょうか??



ブログランキング・にほんブログ村へ ←更新の励みになってます。クリックお願いします!
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
誰かが妊娠すると、当然みんなおめでとうと声を掛けるわけですが、
実際生まれるまで、そして生まれてからも本当に色々あるわけで、
妊娠・出産って実は結構デリケートな事ですよね。
・・って私は経験ありませんが・・・
お腹の赤ちゃんは敏感だというから、神経質にならずに
大らかなな気持ちで過ごして下さいね。
会社の人(男性)が、奥さんの初めての出産が近づいてきた時、
「どんなブサイクでもいいから、五体満足で生まれてくれたらいい!」と
言っていた事を思い出しました。
エモーニ URL 2007/05/26(Sat)22:32:19 編集
ほんとにデリケートなことですね。
おおらかな気持ちで妊娠期間を過ごす!これって、本当に大切だと思います。
「どんなブサイクでもいいから、五体満足で生まれてくれたらいい!」
この言葉、私もよくそう思います。
たとえブサイクであっても、健康でいてくれればと毎日願わずにはいられません。
【2007/05/29 18:47】
無題
日本もかなり早い段階で、調べられるみたいですよ、お値段とかはわからないけども。

もし確率高いって言われたら、産みますか?
難しい問題だと思いますが。

私はいつも飲んでる薬があるので、妊娠にあたりそれが心配なんですよね~
軽い薬だし、それが原因の障害の例もないと言われましたけど。
かといえ、避けられるものなら避けたいですよね。
あこあこまん 2007/05/28(Mon)21:36:04 編集
なるほど~
日本でもやはりダウン症検査はあるんですね。
聞くところによると、自費で2万円位するということですので、台湾はとても安く検査してもらえるんだな~と思いました。

もし確率高いって言われたら・・・
本当に難しい問題ですが、せっかく授かった命、たとえダウン症の子であっても自分の子に変わりないので、その現実を受け入れて生むんじゃないかと思います。
このことは私のだんな様とも話しをしたことがありました。

あこあこまんさんも妊娠を予定されてましたね。
ほんと、避けられるものなら避けたいですよね。これは本音ですよね~
【2007/05/29 18:55】
ありますよ~
うちの妻は高齢(44歳)で出産だったので、血液検査の方ではなく、羊水をとって検査するものを病院で説明されました。これはシロクロがほぼはっきりするもので、検査結果によって妊娠の継続をするかしないかを判断するのに便利です。うちは検査の予約は入れましたかいろいろ悩んで検査前日にキャンセルしました。そしてブログの宣伝のためにコメントさせてもらいました。うちの子は平成19年5月30日うまれだったので、ちょうどこの記事がかかれた頃だな。と親近感を持ってしまいました。
祭輝 URL 2009/01/02(Fri)11:17:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ろんろん
性別:
女性
自己紹介:
台湾で生活を始めて5年が過ぎました!
2年半前に優しい台湾人のだんな様と結婚し、台北市内で主婦業をがんばってます。
10月16日に女児を出産。育児奮闘中!

好きなこと:
雑貨・インテリア・手作り・読書・旅行
ランランの誕生日
*script by KT*
結婚記念日

*script by KT*
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
勧めポイントサイト
コツコツお小遣い稼ぎ↓ お得なポイント貯まる!ECナビ
ブログ内検索
最新記事
最新CM
[03/11 濃野 邦造(のおの くにぞう)]
[03/11 濃野 邦造(のおの くにぞう)]
[02/07 Cimezoddemi]
[02/05 koichi]
[01/18 AKIKO]
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.